メーカーが増えると帰って迷ってしまったり

メーカーが増えると帰って迷ってしまったり

はじめて購入したスマートフォンの思い出...

私のはじめて購入したスマートフォンの思い出を聞いてください。

 

ある日本のメーカーの防水スマートフォンなんですけど、よくフリーズするんですよ。
致命的なことにフリーズすると電源ボタンを押しても反応がなく再起動ができないんです。

 

このようなトラブルがあるとバッテリーを取り外して強制的に電源を落とす方法でガラケーの時は、対処していたのですが...
最近のスマホは、バッテリー内蔵式で取り外せないものが多いのですよ。
フリーズするたびに電池がなくなって電源が落ちるまで放置するしかないんです。

 

購入した店で見てもらおうと思ってもフリーズなので、なかなか再現しませんし、
フリーズしてからお店に持っていこうとも思ったのですが、そういう時に限って都合が悪かったりします。
なんだかんだで、2年間そのまま利用し続けて、無事に機種変更をしました。

 

ガラケーからスマホに変えてものすごくイライラさせられた思い出ですが、
スマートフォンを買い換える時は、よく調べてから買うことをおすすめします。

 

今現在は、利用しているスマホは、フリーズも発生しないのでとても便利に使っています。
以上です。

 

スマホにして便利になったこと、不便になったこと

携帯電話からスマホに替えて、まだ5か月ほどですが、これまでスマホを使ってみて、いくつか便利になったことと不便になったことがそれぞれあります。

 

まず便利になったことは、海外の友達とスムーズに連絡がとれるようになったことです。今までもEメールなどで連絡を取ってはいましたが、ラインなどのアプリを使うとますますリアルタイムで連絡をとれるようになり、楽しくなりました。画像や動画なんかも簡単に送れるので、まるで日本国内にいるような感覚で、友達と日々のことをシェアできるのが楽しいです。

 

パソコンでもソーシャルネットワークなどを使って同じようなことはしていましたが、パソコンを立ち上げていないとリアルタイムではなかなかメッセージを受け取ったりするのは難しかったです。スマホに直接友達からの連絡や動向が入り、こちらからもリスポンスができるとなると便利です。

 

圧倒的に不便になったのが、タイプです。携帯電話のプッシュできるほうがタイプしやすかったのが、一番の痛手です。スマホはタップでタイプするので、触り間違えたりするとすぐにミスタイプして、やり直しをしないといけません。

 

将来、もしスマホでもう少しタイプしやすくなればとても良いと思います。